FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
カンヌ
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
美容室の検索なら
プークドットコム『www.po-oq.com』で!!
http://www.po-oq.com/
いますぐアクセス!!!!!!
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

カンヌ映画祭のコンペティション部門に出品された“Changeling”のクリント・イーストウッド監督と主演のアンジェリーナ・ジョリーらが20日(火)、メイン会場のパレで会見した。

 1920年代のアメリカ、シングルマザーの依頼で行方不明となった息子の捜索をしていた警察が、息子だと名乗る別の少年を発見。本当の息子の捜索を続けてほしいと訴える母親と、権威を守ろうとする警察との抗争を描いた、実話を基にした社会派ドラマだ。

 ジョリーは、「脚本は夢中になって最後まで読んだけれど、すぐにこの役をやりたいと思ったわけではなかった。(子どもを失う母親の)経験をしたいと思わなかった」と、4人の子どもを持ち現在も双子を妊娠中の母親らしいコメント。そして「何カ月も忘れられなかったし、とても重要な物語だと思っていた。そうしたらクリントが監督することになったので、彼の作品に出られるなら何だってやろうと思った。クリントは、この役を演じることがそれほど痛みにならないように導いてくれた」と難役に挑んだ経緯を説明した。

 最も現代的な女性の象徴とも言えるジョリーは、女性が社会の弱者であった時代に生きる母親を演じたことについて、「もし私がこの女性ならと、痛みやいら立ちを想像した。でもこの女性の行動は、現代に生きる私がとるであろう行動とは違う」という。

 ジョリーは、この作品の撮影に入る数カ月前の昨年1月に母親をがんで亡くしており、この役を演じることは個人的な意味も持っていた、とも。「この女性は私の母親に似ている。何事にもとても受動的で、とても優しい人だったけれど、子どもに対しては雌ライオンのよう。そして、女性としては自分の意見を主張することに控えめだった」。

 そして、「役を演じながら、母親と会っているようでもあり、一緒に過ごしているようでもあった」と、母親を亡くした痛みがこの役を演じることで癒されたというエピソードも語った。

 2003年『ミスティック・リバー』に主演し、イーストウッドとともにカンヌのコンペを体験したショーン・ペンが審査委員長を務めていることもあり、 上映前から受賞の可能性が話題となっていた“Changeling”。プレス試写の評価も高く、さらに期待値が高まったようだ。

おおー
素晴らしいーーー
ビューティフォーーー
なんでやのんwwwww
スポンサーサイト
【2008/05/21 09:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。